タグ:推しレシピ

イチジクの赤ワイン煮つくるよ!

イチジクとピーマンの大袋は
売っていると
買わずにはいられない性分

材料
IMG_4012
イチジク 1キロ
赤ワイン 500cc
水 300cc
砂糖  200g
クエン酸またはレモン汁 少々

今回はこの分量で作りましたが
ここは鍋のサイズなどで変わります
液体、砂糖の量の決め方として

液体の総量=
鍋にイチジクを入れた状態で
イチジクがほとんど隠れる程度

赤ワインと水の割合=お好みで
お子さんがいたりお酒苦手な方は
水の量を赤ワインと同量まで増やせます
得意な方は赤ワイン100%で作ってもOK!

砂糖の量=液体の2-50%
この辺はお好みで
砂糖を控えると
保存可能期間が短くなるので注意!

そんな感じでお好みの味を見つけてね



IMG_4014
先端の軸を切り落とし水にさらす

IMG_4015
切り落とした部分から白い汁が出てきます
こいつをそのままにして火にかけると
液体が濁ってしまうの必ずさらそうね

IMG_4016
水が白く濁っています


IMG_4018
鍋にびっちりイチジクを並べる
面倒だけど、バラバラ入れるより並べた方が
結局手間がかからない

IMG_4019
赤ワイン、水、砂糖を入れ中火にかける
あとでしぼむので完全に浸からなくても大丈夫


IMG_4021
グツグツいいだしたら火を弱め
10分加熱
ここでアルコールを飛ばすので
必ず軽く沸騰させている状態を保ってください

IMG_4023
こんな感じ

アクはとっても取らなくてもいいと思います
最終的にそんなに気にならない

火を止める直前にクエン酸を加える
自然に冷めるまで待ったら完成!

IMG_4036
見た目でっかいらっきょみたいで地味だけど
めちゃくちゃうまいから!
甘露煮ほど硬くなく
あっさりしていて
中に水分をたっぷり蓄えているので
口に入れた瞬間じゅわっとするのがとてもよい

個人的に
「千と千尋の神隠し」
で最初の方お父さんが食べてる謎の食べ物は
こんな食感なのかな、と思いながら
いつも食べてます




シロップはそのまま飲むのはもちろん
炭酸で割ったり
使い道は様々
IMG_4043
これはローズヒップティーを足して
ゼリーにしたよ


工程も少ないし、
手間もそれほどかからないので
ぜひ試していただきたい一品でした

鶏飯するよ!

ここでいう鶏飯は
近年話題のシンガポールの炊き込みご飯
ではなく

奄美地方の郷土料理

鶏肉を乗っけたご飯に
だし汁をかけていただきます

おいしいよ!

まずは材料の準備
使うのは
  • 鶏胸肉
  • 干し椎茸
鶏胸肉は少し塩味をつけて茹で鷄に

干し椎茸は水で戻して
砂糖と醤油であまじょっぱく煮ます

卵は錦糸卵を作るよ



IMG_3703
あったかご飯に
(わたしは鶏を茹でた汁を濾して
それを使ってご飯を炊きます)

IMG_3704
たべやすくさいた茹で鷄

IMG_3705
錦糸卵

IMG_3706
椎茸

IMG_3708
お好みで薬味にネギとしば漬け
個人的にはしば漬けは外せない

IMG_3715
ここに
あたたかいだし汁をかけていただきます

だし汁は普通のカツオベースのだしパックでとったもの


これが本当においしいの!



本当の鶏飯は白いご飯を使って
スープに
茹で汁を調味したものを使うみたいですが


わたしの持論で
郷土料理はハレかケの料理がほとんど
ケの料理は各家庭おふくろの味なので
アレンジ自在
だと思っているので我が家の鶏飯はこれです


わたしこのご飯にスープをかけて食べる
お茶漬け的な食べ物にもともと目がなくて
クッパとかも大好きなんですが

これはとくに夏に食べたくなる味

作るのがちょっと面倒なので
家族以外の誰か
一緒に食べてくれる人がいるときに作ります
むしろ食べたくなると人を誘います笑



一から作ろうとする面倒だけど
市販のものを使えば簡単だし

スープも鶏がらスープで代用OK

ぜひ試してみてほしい!

IMG_3714




寒い日が続きますね

以前どこかで書いたと思うんですが
わたしは米を研ぐのが大嫌いです

嫌いすぎて後回しにして結局忘れて
朝食べるものがない

ということがわりとよくあります


そんなときにそうめんが役に立つ

夏休みのお昼ご飯のように
ざるにあげてめんつゆでいただくのも
よいけれど


ここでは少しアレンジして
あったかそうめんをご紹介

IMG_1596
まずはスタンダード
温かいめんつゆで
あるものを適当にのせる
たまごは電子レンジで楽ちん調理


IMG_2392
こちらもめんつゆ
ハム+刻みあげ+錦糸卵

IMG_2489
かきたまあんかけ鶏がらスープ
トマト+オクラ

IMG_2681
鶏がらスープ
もやしのナムル+鶏ハム
フォーを意識してみました


IMG_2804
鍋キューブの豆乳白湯に豆乳を追加
鶏ひき肉を甘味噌と黒ごまで炒めて
チンゲンサイと
仕上げにラー油を数滴


これらすべて
手際よくやれば
完成まで10分たらずなので

時間のないときにもサッとできます


ポイントとしては
  • スープは既製のものを使う(ポーションタイプの鍋の素がとても便利)
  • のせる具もあまり凝らない、あるものに頼る
  • 肉味噌や錦糸卵など、手のかかりそうなものは時間のあるときに作って冷凍保存も可能

くらいかな


食欲ないときもつるつる食べられるし
内臓もあったまって
いい感じ

ナスと鶏を煮て胡麻で和えたやつつくるよ!

先日友だちにおふるまいしてとても好評だったのでレシピ書いてみました


材料
IMG_2578
鶏肉     1/2枚
揚げなす   200g( 2本分)
ピーマン   1個

酒  大1
砂糖  大1
醤油  大1
胡麻  大2
(ねり胡麻大1でも代用可)

IMG_1205
なすは以前紹介した
業務スーパーの揚げなす乱切りを
使用しています

普通のナスでも作れるよ!




準備
IMG_2579
胡麻を油が出てしっとりするまで
ひたすら擦っておく
する前に電子レンジで1分ほど加熱すると
油が出やすくなります


IMG_2580
鍋またはフライパンに油をひき
中火で一口大に切った鶏肉に焼き目をつける
この後煮るので
ここで中まで火を通さなくてもOK

IMG_2584
ピーマンを加えてさっと炒める

IMG_2586
ナスを加えさらに炒める

生のなすを使う場合は
一度鶏肉とピーマンを取り出し
油を追加して炒める

野菜がしんなりしてきたら
胡麻以外の調味料を全て入れて少し煮る

この時煮汁はかなり少ないです
炒め煮のような感じなので問題ありませんが
焦げ付いてきたり
心配なようなら水を大1加えます


IMG_2587
全体の色が均等に茶色くなってきたら
火を止め胡麻を加えて優しく混ぜる

この写真では上からぶちまけていますが
材料を少し寄せて
できたスペースの煮汁に溶くように加えていくと全体となじみやすいです

IMG_2594
完成!

見た目の地味さに反して
濃厚でうまいっす!


アレンジとしては
  • 鶏肉の代わりに厚揚げ
  • ピーマンの代わりにししとう
  • 追加材料でたまねぎ、しめじ
あたりは外さないと思う


旦那さん次の日
「昨日のナスのやつもうないの?」
と聞いてきたので気に入ったんだと思う

これは珍しい!

↑このページのトップヘ