タグ:夏休み

クレープつくるよ!

夏休みももう終わりなので
クレープパーティーしよう

材料
薄力粉  100
砂糖  10
牛乳  250cc
卵  1個
バター 15g

IMG_3521
ボウルにザルをセットし
薄力粉、砂糖をはかり入れ
ザラザラと混ぜながら下に落とす
(ふるいの代わり)


IMG_3522
別の容器で卵と牛乳を混ぜる


IMG_3523
⑵を⑴に少しづつ加え混ぜる



IMG_3527
バターをレンジに数秒かけ溶かす
⑶に入れ混ぜる
⑶の液体は冷たいので一気に入れるとせっかく溶かしたのに固まってしまいます
少しづつ加え混ぜるを繰り返しましょう


IMG_3528
冷蔵庫で数時間寝かせる
この作業はとても大事
クレープの生地は
粉に対して液体の量が多いので
ダマができやすいです
寝かせることで粉と液体をなじませることが
クレープ作り最大のポイント
前日生地を作っておいて
次の日作業してももちろんOK
こんな容器に移したのは
ボウルでは冷蔵庫に入らなかったので


焼いていくよ!

我が家のクレープメーカー
IMG_3529
数年前にトイザらスで2000円くらいで購入
滅多に使わないけれど
わりとお気に入り
IMG_3531
白い受け皿にクレープ液を入れ

IMG_3532
熱々の鉄板をイン!

IMG_3533
薄い膜ができる

IMG_3534
焼けたら箸でひっかけて裏も少し焼けば完成!

コツいらず!


IMG_3536
今日は具が少しさみしいけれど
好きに巻いてめしあがれ

わたしはハムチーズが好きだな

前回の花火大会の記事で
ちょろっと出ていたおもちゃ
IMG_3441
ピカピカ光って音がなる
お祭り代表、的なやつ

FullSizeRender
これ

ふたりとも楽しみにしてたし
と思って
混雑の中
別のもの目当てでひとり頑張って戻って
たどり着く前に心が折れて
別のお店で目に入ったものを
適当に買ったんですが

このおもちゃ、まーうるさい

発音不明のおじさんの叫び声の後に
ズガガガガガズキューンズキューンと銃の音
とにかくうるさい

花火大会の最中ですら
あの爆音の中ですら
うるさかった

家でやられてはたまらん
と思い
音を奪うことにしたよ!

IMG_3442
オープン!
さすが祭りのおもちゃ
超簡単な構造

IMG_3443
スピーカー
これが元凶
そして黄色の線のねじれが気になる


IMG_3444
ちょん切る
これでOK

IMG_3445
もちろんこちら側の緑を切っても同じこと

IMG_3446
せっかくなので両方切って
ねじれていた線もスッキリさせる

IMG_3448
ネジを締め直せば完了
ピカピカ光る


このおもちゃはかなり配線が簡単だったので
これだけで完了しましたが
モノによっては
他の回路と影響しあうものも
あると思います
同じ作業をするときは
最悪壊れてもいい、くらいの気持ちで
チャレンジしてみてください


これにて夏の旅は終了!

お付き合いありがとうございました

祭りにも行ってきたよ!

わたしの地元は
夏は毎日のように花火が上がっていますが
一応本番の花火大会もあり

毎年これに合わせて帰省しています
FullSizeRender
灯籠流し
これは花火大会とは別日
きれいなのでとてもすき


そして本番
IMG_3302

IMG_3411
3ヶ所から同時に打ち上げるクライマックス



FullSizeRender
花火と戦う男たち


余談ですが
ひさしぶりに夜店に行ったら
あまりの人の量に気絶しそうになりました

長男が歩けないのでバギーで行ったんですが
考えてみたら
位置が低いうえに真っ黒で目立たないし
みんな両脇の夜店に夢中で足元なんてみないし

行く人と戻る人の流れがごちゃごちゃしていて
お互いぶつかり合う、という

後ろのステップに乗っていた次男も怯えて
途中からは
ずっとわたしにしがみついて離れなくなるし

バギーをピカピカに
ライトアップしていけばよかった
と真剣に後悔するほど

とにかくかなり危険でした

そしてやっぱり滝の汗


あと、スーパーボールすくいで
スカッとジャパンに出てきそうな
とんでもない奥さんに遭遇したんだけど

それはまた別のおはなし

海にも行ってきたよ!

お気に入りの近所の海水浴場
ここの浜のいいところは
砂ではなく玉砂利なところ

払っても払ってもまとわりつく
あの嫌な感覚がないだけで気分が違います


ただし、めちゃくちゃ熱い!
ビーチサンダルや裸足ではヤケドします


熱にもがきつつ
とにかく拠点を作って
さあ泳ごう、というところで
長男の水嫌い発動


彼は
庭なんかでのパシャパシャ水遊びは好きだけど
プールや海は苦手で

学校のプールも毎回大変なんですが

この日も
行かない、テントで待ってる
でもママは近くにいて、とごねるごねる


ていうか暑い、いや、むしろ熱いから
早く行こう
というわたしと入りたくない長男


そうしている間にも汗は滝のように流れ
イライラもピーク…


というところで
先に入っていたパパと次男が戻ってきて
バトンタッチ

次男と海へ

IMG_3329
つめたっ!
きもちいー!

体を慣らしていると
割とすぐふたりがやってきました
(暑さに耐えかねたパパが
無理やり連れてきた模様
長男めっちゃ泣いてる)

しばらくは波打ち際にいて
気持ちを落ち着けたらもう大丈夫
IMG_3340
入ってしまえば楽しいようで

では、ちょっと先まで行ってみよう
IMG_3351
後ろでパパがつかまえています


ここの海水浴場は湾になっているため
あまり高い波もきません

この日は実は台風が近づいていて
高波ですぐ近くの海水浴場も遊泳禁止
というニュースが
夕方にやっていたくらいでしたが
そんなことは全く感じない穏やかさでした




IMG_3371
キャリーワゴンで駐車場まで戻るの図

乗ってる方は楽しそうだな

そしてまた
シャワーで海の塩を流した体に
滝の汗を流しながら
帰路につくというわけです

帰省してきたよ!


いつも混雑をさけて
夜中に出発して
早朝に到着するため
時間を持て余してしまうのですが

今回はその時間を利用して
富士山寄ってきました


高校卒業まで
ギリギリ見える地域に住んでいたのに
一度も行ったことのなかった富士山

とは言ってももちろん登山はしません
運動不足すぎるし
子どももいるしね

5合目までは車で行くことができます


前日急に思い立って行ったため
現地で知ったのですが

7/10-9/10まで
河口湖方面から5合目へ続く有料道路
富士スバルラインは
マイカー規制がかけられており
原則的には自車で登ることができず
ふもとの駐車場からシャトルバスを利用することになります(2019年)

料金は
駐車場代 1000円
シャトルバス
大人 2000円
小学生1000円
です

シャトルバスは30分に一本出てるよ


ちなみに
運転手または同乗者が
障害者手帳を持参していれば
自車で5合目まで登ることができるみたいです

うちは長男が手帳保持者ですが
所持していなかったのでバスで山登り

痛恨のミス!

と思ったら子どもらは
バスに乗れたことが
楽しかったようなので
それはそれでよかったのかな
IMG_3288
駐車場から撮影
雲が全くないなんてめずらしい

バスに揺られること40分前後

8:15
5合目駐車場到着
長袖を着るほどではないけれど
かなり涼しい

IMG_3454
おはよう富士山!
雪のない富士山はわかりづらい

郵便局があるので
長男の担任の先生に残暑お見舞いを出したり

IMG_3455
周辺をうろついてみる
ここからみなさん
山頂目指して登っていきます

IMG_3456
天気良し!

子どもたちは
売店のソフトクリームが
気になって仕方ない様子

少しすると
ご来光をみてきたと思われる下山者が
ちらほら増え始め

10時を過ぎた頃から
観光バスで乗りつける観光客で賑やかに

外国の方が多かったよ

しかもタイミングの悪いことに
この辺りから雲が増え始めて
山が隠れてしまいます

IMG_3457
結局ソフトクリーム食べる
さっきまで見えていた富士山全く見えず
(左バックにいるのです)

混んできたしそろそろバスで下山
IMG_3290



ちなみに
登山口にいるガイドの方に聞いたのですが
5合目から山頂までは
慣れた人で約6時間
普通の人だと約8時間
が所要時間の目安だそうです

いつかはチャレンジしてみたい
気持ちだけはある


そして売店で見かけたこれ

IMG_3460
『富士登山、お守り菓子   雪の魂』
名前あやしーと思いながら原材料を見ると

IMG_3461
砂糖、水飴、卵白、はちみつ、白胡麻、黒胡麻、食塩

めっちゃうまそう

つい買ってしまったよ
IMG_3462
きな粉ねじりみたいなの想像してたけど
さっくりほろほろでした
そして激甘

山登る人が効率よくエネルギーを摂取する
食べ物なのかな?
でもその割には粉糖が散らかって
外で食べるには向かなそう

IMG_3463
そしてこのフレーズ
ごめん、全然わからない

↑このページのトップヘ