カテゴリ:裁縫 > 小物


長男の定期検診で眼科に行ってきました

元々遠視と斜視で
遠視に関しては眼鏡をかけて
斜視に関しては両目にみられるのでとくに治療の必要なし、といわれていました

が、今回
あれ、左目だけになってる、と

それだけ聞くと
右目治ったのかな?よかったー
と思うんですが
どうやらそう簡単な話でもないらしく


要約すると
今までは両目かわりばんこに使っていたのが
右目だけ使うようになったため
あまり使われなくなった左目の視力が落ちてきている
このまま使わないと視力はさらに落ちる可能性有り、と


今日からとりあえず3ヶ月
1日2-3時間右目を隠して生活してください
それで左目を使う練習をしましょう、と

そして渡されたアイパッチ
IMG_8033


使い方を説明されながら恐怖で大泣きする長男


とにかく目を覆えれば
アイパッチじゃなくても大丈夫だから、
と苦笑いしながら看護師さん



作るかあ
と眼帯を思い浮かべながら
長男を見ると

眼鏡、補聴器、最近はマスクまで

ここに眼帯って
ひっかけるもので大渋滞


困った時のグーグル先生に聞いてみると
なんといい感じのカバーと
その作り方をさっくり載せてくれている
親切な方のブログを発見


真似して作りましたのがこちら
IMG_8015
帽子みたいでかわいい

IMG_8016
並べるとさらにかわいい
いちばん右は泣く子も笑う例の生地


IMG_8017
表は目の詰まった薄手の生地
裏は少し厚手の柔らかい生地
遮光性はばっちり


これをどう使うかというと
IMG_8020
こう
思ったよりしっかり覆えます

付けてる姿を見るとちょっと笑っちゃうんだけど
本人まんざらでもなさそうなので黙っておくことにします


3ヶ月後、良くなってるといいなー


長男といると
知らないことを知る機会がたくさんあるんだ

暑いですね
え、今梅雨?
って疑ってしまうくらい

そんなわけでマスクも衣替えしたよ!

IMG_6616
上が長男で下が次男

なにが変わったかというと
まず裏地
接触涼感生地を使用
こちらを目が詰まったものを使い

表を薄手の綿、
または通気性の良い麻生地にしました

もはやマスクの着用はエチケットのひとつ

とはいえ
それを使ってのぼせてしまうのは心配



長男はよだれですぐにびしゃびしゃになってしまうため
替え用のマスクも合わせて大量に作成

と思ったら次男も帰ってくる頃にはびっしょり

次男の分も余計に作らなくては


それぞれのマスクには目印として
名前とマークをアイロンプリントします
IMG_6722


IMG_6617
こんな感じでカッターで切り出す
この作業
面倒だけどはまると楽しい

字が読めない自身でも
自分のものが見分けがつくように
と思ってマークをつけたのだけど

さいきん次男が
自分と長男の名前の文字の羅列は覚えたようで
「これは〇〇こっちは△△って書いてあるよ」と見分けるようになってきました



最近は世の中のマスク不足も徐々に解消されて
店頭で使い捨ても機能性の布製も見かけるようになりました

そうなると
たった2、3ヶ月前のあの
怒号飛び交うマスク争奪戦はなんだったのか
という

なんともいえない気持ちにもなる

マスクに向いている、という情報が出回ると
その素材が世の中から消える

それの繰り返しの日々ですが

今回は家にあるもので
向いているものとそうでないものを
分けていこうと思います

ポイントは大きく分けて
肌触り、通気性、適度な厚み、扱いやすさ
の4つです

まずはハンカチ
IMG_6180
これはもちろん◎
切らずにそのまま使うこともできます

タオルハンカチ△
IMG_6188
カットして使おうとすると
細かいゴミがパラパラ出るので扱いづらいし
畳んでマスク、というにはあまりに分厚いので


シャツ・ブラウス○
IMG_6187
お父さんのYシャツは白いしとても良いけれど
日々のお父さんの匂いが染みついているので
注意が必要


シフォン生地×
柔らかすぎて扱いづらいし
防御力ほぼゼロなのでは?
使うのであれば
肌に当たる面は必ず別の生地で




続いてニット素材
ニット素材自体が扱いに熟練度がすこし必要
ということは最初に言っておきます


カットソー◎
IMG_6185
綿100%がやはりお勧め

バスクシャツのようなすこし厚みのある生地でもOK


肌着
使い回すにはちょっと抵抗ありますが
素材的には○
機能性肌着は特に伸びが良いものが多いのでゴムの代用に適しています

スウェット△
IMG_6184
厚みがネック
また
裏がパイル地になっているものは
タオル同様ゴミ問題があります

ワッフル生地◎
IMG_6183
ただしカット&ソーは難しめ




アウターとボトムスはだいたい×
分厚いか通気性ゼロかのどちらかまたはその両方


いろいろ書きましたが
とにかく
なんとなくもったいなくて
捨てられずにいる布製品が家にあれば
試しに縫ってみよう!



今、様々なものが
本来の使い方と違う方法で脚光を浴び
飛ぶように売れ品切れが続出しています

工夫はとても良いことだと思います
わたしも代用大好きです

ただ、マスク関連に限らず
それがなくなったら
本当の意味で困る人がいないかどうか
一呼吸置いて考えてみてください

ベビーケアグッズや在宅介護用品など
日常的に必要としている人がいます

使うかどうかわからないけど、
一応買っておこうかな
という気持ちで買ったものは
きっと使いません

どうか
それがないと今日を越せない誰かに
譲ってあげてください


みんなで生きましょう

先週一週間
こどもがそれぞれ学校、幼稚園に行ってくれていたおかげで
頭を使う時間ができたため

やっと立体マスク作ったよ

立体は
フィット感を求めて試行錯誤が必要だと思い
春休み中は手を出せずにいたんだ


とにかく家にある材料だけで
なんとかならないだろうかと
いろいろやってみました


今回はレシピはないです
理由は
このマスクを作るにあたって参考にさせて頂いただいた型紙があり
そちらのサイトで作り方も公開されていたので

そこから
形もだいぶ変え
作り方はそもそも自己流ではありましたが
オリジナルがある以上
わたしがここで書くべきではないかな、
と考えました





IMG_6092
まずは子どもの分

サイズの違いが微妙なので
好きな布を選ばせて作ろうと思ったのだけど
結局お揃いがいいみたい

左が綿、右が綿麻生地

裏が
IMG_6098
最初は五重のガーゼ生地を使用
この生地は肌触りは良いのだけど
小さいマスクに使うと分厚すぎてモコモコしてしまう
そして重い

IMG_6097
冬の肌着用に買ったニット生地
少し起毛しているのでふわふわ暖かい

これでもいいけど
できればこの生地は次の肌着用に温存したい

なんて思っていたら

IMG_6096
あった
薄手のニット生地

買ったはいいけれど
薄すぎて用途に困っていたやつ!

この生地はポリウレタンという伸縮性のある素材が数%含まれていて
それがまた良い!
(この話はまた後日)

探せばあるもんだな、
とストック魔の自分に感心し
生地の相性にまた感心


IMG_6128
続いて大人用も作成
だんだん楽しくなってきたよ


わたしのお気に入りはブルーグレーの麻生地
色も素材もなじみが良い



生地は全て
服を作るために購入したものを使いました

つまり
服の生地はだいたいマスクにも向いている、ということ
同じ肌につけるものだもんね




IMG_6129
こんな時くらい
人の役に立ちたくて
週末、30枚ほど急ぎで作成し
とある施設に託してきました


なんでもそうですが

人には得手不得手があり

今回のマスクづくりも

針と糸なんて家庭科の授業以来ご無沙汰だわ
という人や
単純に時間がない人たちからしたら
苦痛でしかないかもしれません

そんなときは

身近なお裁縫好きにお願いしてみると
きっと喜んで
すぐに3つくらい作ってくれると思います
嫌な顔する人はいないんじゃないかな

なぜそう思うのかというと

わたしがそうなので笑

今日は晒を使ってプリーツマスクを作るよ

IMG_5704
作りたい幅+2cm(両サイドの縫代)
にカット
上下に耳がくるように置く

ちなみに
一般的なマスクサイズは

通常 17cm
小さめ 15cmでした

ゴムは今回は使用済みマスクのものを再利用


IMG_6139
生地の表側に
半分におったとき上下1cmになるようにゴムを仮止めする




IMG_6140
⑵で仮止めしたゴムが内側に来るように(中表)折り
両脇を縫代1cmで縫う


IMG_6132
生地をひっくり返し
アイロンをかける
ゴムが短くて布が反れても気にしない

IMG_6141
写真のように
上から
3cm
1.5cm
1.5cm
のひだをを作るように
アイロンで折り目をつけていく

IMG_5710
ひだを作るときは
厚紙(あれば工作用紙)をガイドにすると
真っ直ぐアイロンをかけやすいよ

IMG_6135



IMG_5712
※これは難しいときは省略可
プリーツの際にステッチをかける
これをすると洗濯した後も形を留めやすいです



IMG_6142
線の通りに
周りを一周ぐるりと縫う


IMG_5717
完成!

IMG_5718
このマスクはかなり薄いので
余った晒をカットして当て布として使います

中の布を交換することで
一日中同じマスクを使用しても臭くなりにくい


このマスクの利点は
材料が少なく済む
顔にフィットする

難点は
ミシンがないと耐久性的に
ちょっと厳しいかも

という感じでしょうか


そしてここまで晒を推してきて気づいたんだけど

もしかして
晒もだんだん品薄…?


普通の生地を使う場合の変更点は

生地サイズを
35×(作りたい幅+2cm)
にして
⑶を
IMG_6143
写真のように縫い、返し口から裏返すようにするだけです

手に入る布で工夫して作ってみてね

↑このページのトップヘ