カテゴリ:裁縫 > 大人服

わたしは体型も趣味も特殊なので
市販の服(特にボトムス)があまりあいません

なのでしっくりきた服は
長く着ることが多いのですが
布というのは消耗していくもので
そのうち着られなくなります

ならば
自分で作ればいい


IMG_2982
10年くらい前に購入したショートパンツの型紙

わたしにとってぴったりで
夏には欠かせないアイテム
今まで両手でも足りないほど作ってきました

今年もたくさんつくったよ!


IMG_2981
計5枚

全部同じに見えるかもしれませんが
用途がそれぞれ違います

IMG_2983
運動用
誰に見られるわけでもないので
いつもの安生地  
家に余っていたものを使いました
動きやすいようにストレッチ生地です

IMG_2984
家着用
時々そのまま買い物とかいってしまうので
ちょっといい生地
薄手のデニムと
タイプライターという
薄いけれど目が詰まった丈夫な生地


IMG_2985
子供との水遊び用
すぐ乾くナイロン生地

水に入るのでポケットは1つだけにしました


型紙もあるし手順もわかっているので
一枚作るのは
実はそれほど時間がかかりません
集中して4-5時間くらい?

ただ
色もかわり映えしないし
だんだん飽きてきて

途中別のものはさみながら
ダラダラ作っていました

今年は梅雨が寒かったので
本格的に活躍するのはこれからだね!

長男が学校でつくってきた
母の日のプレゼントをくれました

IMG_2033
フエルトのお花
かわいい

いつも子供の能力に合わせて
つくるものを考えてくれて
先生ってすごい

IMG_2031
定番の似顔絵
周りのピンクは花ではなくハートだそうです


初めて
目と鼻と口が正しい場所にある絵を
描いてきた気がします


似てるよね
のび太くんのお母さん



わたしはというと

去年気に入ってくれたプルオーバーを
生地違いで贈りました
IMG_1547
大好きなリバティ、タナローン

ハイネックシャツ作ったよ
型紙はいつものpolka dropsさん
こちらのお店の型紙は

シンプルだけど
細かい工夫がたくさんされていて
大好きです
IMG_0843


IMG_0844
えり部分も型紙どおりに縫うだけで
後ろの布が少し下がって
表に響かないようになっています

生地はグレーではなく白と黒の糸を使って
変わった織り方をしているみたい
こういう生地はなんていうんだろう

いつものジャンク屋で2m380円で購入したので
素材含め詳細不明
ちょっとキシキシするので
綿100%ではなさそうです
IMG_0845
後ろボタンでとめます
袖はゴム
IMG_0846
あきの部分の処理の仕方を
少しだけ変えました

ボタン付けがとにかく嫌いなので
今回は打ち付けるタイプ
アメリカンホックっていうらしいです


IMG_0847
相変わらず作りやすかったし
形も好きな感じで
生地を変えてまた作りたいです


最近裁縫に重心を置きすぎて
他のことが疎かになりつつあります

あと春だからなのか
ぼーっとしがちで
時間の無駄遣いをしている感じがすごくします

そしてずっと眠い

先日買った生地で
家着用のシャツワンピース作ったよ

型紙はこれ

IMG_1078
綿麻の薄手の生地


IMG_1081
ボタン付けが嫌いすぎて
スナップボタンにしようと決意

IMG_1082
専用器具でぱちっとやるだけ

IMG_1079
でもやっぱり大人だし
このまま外出ちゃうかもだし、と考え直し
フロントボタン(ていうの?)は普通のボタンに

IMG_1083
前回は
首回りとヨークがしっくりこなかったので
少しいじりました
(ヨークを前後伸ばして首回り前を少し下に広げた)

正直今回もあまりしっくりきてません

わたしは型紙を作る知識はゼロなので
これだ!って形ができるまで
ひたすらトライアンドエラーを繰り返すのみ

使用生地
綿麻シャンブレー
たぶん110cm幅
2.5m

季節の変わり目はとにかく服を作ります
IMG_0882
今回は自分用で緑のワンピース
140巾2m使用
型紙はいつものpolkadropsさん
暮らしのドレスを
長袖にアレンジ

このワンピース
本当に着ていてラク

数枚作って
毎日着まわしてすごしたいくらい


IMG_0877
今回は少し袖のボリュームを抑えました

IMG_0879

生活圏内に
ジャンク生地を破格で売っているお店があって

ジャンクなので
思い通りのものが売っているとは限らず

この生地は色もきれいだし厚みもちょうどよく
ラッキー!と思い
即購入したんですが

完成してみるとなかなかの張りと光沢

家着のつもりで作ったけれど
お出かけ着かなあ

ちなみにこの生地は2mで380円+税
やっす

ちょっとしっかりした綿か麻で
また作りたいです


↑このページのトップヘ