カテゴリ:料理 > おかず

大根煮るよ!

IMG_8120
大根丸一本使うよ!
今冬は野菜が立派で安い

IMG_8113
大きめに切る、4-5cmくらい?
皮も厚めに剥く5mmくらい?



IMG_8114
柔らかく煮るので面取りをする
ピーラーを使うと簡単

IMG_8116
たっぷりの水で
(写真だと少ないです、全体が隠れるまで)
まずは下茹で
ここである程度柔らかくします

だいこんに味を染みさせる
いちばんのコツは下茹でだ
ってお母さんが言ってた
って友だちが言ってた

IMG_8892
シャトルシェフを使うときは沸騰から5分

あとは5-6時間放置

IMG_8125
湯を捨てる
すっと串が通る柔らかさ

IMG_8126
今日のダシ友は昆布と

IMG_8127
貝柱

IMG_8128
だしパックと一緒に入れて
弱火で15-30分くらい
(たびたびすみません、このあと水足しました
かぶるくらいまで)

だしパックに塩分が入っているタイプであれば調味は不要ですが
入っていない場合は塩と酒も入れてね

塩は思っているより多く必要
味見しながら調整してね
(この量で大1前後入ってます)

IMG_8146
完成!
ものすごい時間がかかるわりに
地味な食べ物だけど
だいこんがとにかく柔らかくジューシーで
こどもらも大好き


ダシ友(うまみのために一緒に煮るもの)は
味がでそうなものならなんでもいいです
練り物とかお肉とか、お好みで


基本具はだいこんとダシ友以外は入れないこと
ついいろいろ入れたくなっちゃうけど
たまにはシンプルに大根のみを食べてみて


わたしの最近のお気に入りが油揚げで
きつねのように
甘く味濃いめに煮るとまたおいしいのです




かわいくないけど超便利

初めてまともに家で年末年始を過ごします

せっかくなのでおせちの真似事を

お節料理って
元祖作り置き、みたいなところあるよね


IMG_8073
左上から
黒豆、田作り、松前漬け、こんにゃく
黒豆をシワなく煮るコツは
落とし蓋をして豆を空気に触れさせないこと
(忘れたのでシワになったよ)

IMG_8064
なます
普通の大根に赤い品種を三割くらい混ぜてあげると全体がきれいな赤になるよ
今回は紅くるりを使用

IMG_8057
チャーシュー


IMG_8056
と八幡巻

煮てるけど違う

IMG_8061
ついでにキッシュ

IMG_8054
あとは雑煮の準備


IMG_8051
にんじんはちょっとかわいくしたよ
これだけで30分かかった

でもどうしてもウニッコ調になってしまうんだ




これを煮ておいて
当日なるとと茹でた小松菜を入れるよ




今年はなんだか
気分的に晴れの少ない一年でした

一晩寝たところで
何が変わるわけでもないけれど

良い年が来るといいなあ、と思ってしまう


そんなわけで
みなさんも良いお年をお迎えください☺︎

先日買ったブリーチーズが半分余っていたので
ひさびさにキッシュ作ったよ

今日はレシピはないです
適当に作ったので

具は
ベーコン、ブロッコリー、マッシュルーム、オリーブ、あとチーズ

うそだろ
ってくらいおあつらえ向けの材料が揃っていた
今日の我が家の冷蔵庫
ベーコンの代わりにアンチョビがあったら
最高だった

朝から生地作って材料混ぜて焼いて
image
できたよ!
ちょっと液がたりなかった!


image
こちらは余った生地で味見用

ちょっと面倒だけど
冷蔵庫の余り物処理って感じもするし
フランスのお母さん方は
日本の煮物感覚で作るんだろうか、
なんてことを思いながらの作業でした


で、せっかくオーブンを使うので
ついでにパンを焼く

image
ウインナーのちぎりパンとレーズンパン

時間の使い方としては

キッシュの生地をこねる(冷蔵庫で待機)
パンの材料をHBにセット
キッシュの具を作る
キッシュの生地を型に広げる(冷蔵庫で待機)
パンを成型&二次発酵(オーブン)
キッシュ空焼き(オーブン)
パン焼成(オーブン)
焼き上がり3分前くらいに
キッシュ具と液を入れる
キッシュ焼成(オーブン)

この流れでやるといちばん
材料を冷ましたり
オーブンの熱を有効に使ったりの関係で
時間のロスも少ないと思います

今日は約3時間の作業でした


キッシュって
見栄えは良いけどそれだけではおなかいっぱいにならないし、
だからといっておかずにもならないし、
なかなか謎食べ物だよね

なのでオーブンの熱がもったいなくて
ついついパンを焼いちゃうんだ

最近とにかく砂肝にハマっています

IMG_6880
砂肝


IMG_6883
硬い部分を取り除く処理は
真面目にやろうとすると面倒なので
そのまま食べちゃう
(真ん中と両脇の白い部分を削ぎ落とします)
表面の白い筋みたいなやつだけ
気になる時は剥がします


IMG_6884
半分に切って


IMG_6886
適当な厚さに
わたしは5mmくらいが好き

これをお好みの野菜と炒める

それだけ


IMG_6887
今日のお供はセロリ、きみに決めた!
(だいたいいつもセロリ)


IMG_6888
食べやすく乱切り

味付けもお好みで
塩胡椒やガラスープの素、レモン塩
市販のタレももちろんいいです
塩だれ系はテッパン



IMG_6890
今回は
冷蔵庫にあったチョレギサラダドレッシング

ドレッシングは適度な油分と酸味があるので
炒め物にも便利なのです



炒める順番は
①砂肝(ここで8割ほど火を通す)
②セロリ(歯応えを残すため炒めすぎない)

ドレッシング使う場合は焦げやすいので最後、野菜の表面の色が変わってきたら
ばっと入れてさっと炒めて終わり

大人だけの時は
胡椒を多めに足してあげると
パンチが効いてとてもいいです


IMG_6892
完成!

処理しなかった
端っこのゴリゴリ感も含めて最高においしい

あっという間に一皿ペロリ!

わたしは基本的に

ご飯作りたくない日は
外で買ってくればいいし
家から出たくない日は
カップ麺でいいと思う派ですが


家から出たくないけど
カップ麺も食べたくない!

という気分の時のグラタンつくるよ!

材料
IMG_6542
トッポギ
冷凍揚げなす
トマトソース    量は全部適当

あとはチーズ

オール業務スーパー

わたし的
真の業スートップ3
ほんとに便利

常にストックしてます

トマトソースはお好きなパスタソースでOK


IMG_6547
耐熱容器(レンジトースター両方)に
ナスとトッポギを食べやすい大きさに切り
いれる
うちは子供が小さいのでカットしますが
大人だけの場合はそのままでもOK


IMG_6548
トマトソースを混ぜる


IMG_6549
ラップを軽くかけレンジで2ー3分チン
トッポギが柔らかくなるのが目安



IMG_6550
チーズを乗せて
IMG_6551
焦げ目がつくまで焼いたら完成

(オーブンなどを使って長時間かけて焼き上げる時は⑶は省略可能)



グラタンてこだわらなければとにかく便利で
具はなんでもよくてソースに絡めて
チーズかけときゃ間違いない


一応ポイントとしては
  • 生や冷凍の具を入れる時は先にチンする
  • 調理済み(きのう茹でたブロッコリーとかゆで卵)はそのまま使える
この2つ守ればなんとかなります

今日は省略したけど
タンパク質
ex.サバ缶、つなかん、ベーコン、ウインナーなど
を入れてあげればより良し


IMG_6545
こちらトッポギ
とにかく好き
調理が簡単おいしい
餅米ではなくうるち米なので
溶けないしくっつかない
こどもが食べやすい

マカロニのように下ゆでもいらず
そのまま使える超便利食材

とにかく好き(2回目)


IMG_6543
トマトソース
安い

IMG_6544
材料もシンプルなので使いやすい
量が多いので
小分けにして冷凍しておくと便利

↑このページのトップヘ