2020年01月

インフルエンザ、なりました

前回の記事を投稿した直後あたりから
熱が上がり始め
翌朝には39度の世界

すぐに病院で診察検査、はい決定

長男の初日は
とにかくぐったりして
布団の上でぼーっとしたり眠ったりを繰り返していたのに対し

次男はまー泣く

普段から風邪をほとんど引かないので
体におきている異変の原因がわからず
泣く、そしてジタバタ

靴下がないといって泣くこと20分
長男が心配して頭を撫でると、触られたことが気に入らず30分
長男がお水を持ってきてくれたことも気に入らず30分
8割方食べたパンが美味しくなかったと1時間
打たれ弱すぎだろ!という感じで
ねちねちねちねち休憩をとりながら泣く


八つ当たりされた長男に
わたしがかわりに「ごめんね」というと
笑っていました
やさしい!


そしてもちろんわたしが離れても泣く
眠りも浅く、気配で気づくと目を開ける
の繰り返しで
最終的にはがっちりしがみつかれて
セミがはりつく大木の気分だったよ


その日1日はそんな感じで終わり
次の日には完全復活いつも通り
外で遊びたいと騒いでいました
(つまりうるさくない日はなかった)


わたしはインフルエンザなったことないのですが
最近の薬って本当に効くんだな、と

熱が下がったのに外に出られず
元気がありあまってうるさくても

高熱が続いて
ぐったりしている姿を見るしかないより
よっぽどいいもんね

IMG_5348
こちら、わたしと次男が寝室に篭っていた間に
長男が作ったレゴ作品
写真がへたくそなんだけど
うしろのカタログをパーツが少ない中で
自分なりに再現していました

すごいぞ!


IMG_5356
そして土曜日
外出解禁になった長男を連れて
スタバでチョコのフラペチーノ飲んできたよ

ネットで見かけて飲みたかったんだ

台湾旅行記の途中ではありますが
(実はまだ終わってないの!)

長男が流行に乗りまして

インフルエンザ罹患です


診断を受けた昨日から一夜明け
もう熱も下がり食欲も出てきて
だいぶ元気にはなりましたが


しばらく外に出られない


巻き添えをくった次男はエネルギーを持て余しているのか
いつも以上に喋る踊る泣き叫ぶ
とにかくうるさい



あーもう、イライラするなー

ということで
気晴らしに長男リクエストの
ハンバーガー作ったよ


IMG_5343
家にあったものだけで作ったので
緑色一切なしですが
小ぶりなチーズバーガーとポテト


少し前にオーブンが壊れて新調してから
オーブン調理にはまってます

パテもポテトももちろんバンズも
オーブンで焼いたよ!



昨日はラム酒に漬けたドラフルーツで
パウンドケーキ焼きました
IMG_5336
思いのほか
アルコールが飛ばなくてすごい酔っ払う
危険なケーキ

当然こどもたちは食べられません

作りすぎちゃったよこれ



今週いっぱいは母子3人
引きこもり決定なわけですが


明日はなにをしようかな


そうこうするうちに

わたしや次男がリレーのようにかわりばんこに発症する
なんてことは
ほんと勘弁

  1. 夜市 
  2. こどもと夜遊び

1.夜市

台湾と言ったらひとつ有名なのが夜市

一番有名な士林夜市はかなり混雑するから車椅子では難しいと思う
というAちゃんのアドバイスを受け

ホテルから近い寧夏夜市へ

時間もオープンと同時の17時に到着
FullSizeRender
まだ人もまばら

屋台の裏手が飲食スペースになっていて
そのお店で買ったものを食べることができます
裏は車もバイクも通るので気をつけて!
(特にバイクは歩道も通る)

とにかく目移りします
情報ゼロで行ったので
適当に各々食べたいものを買って
集合

FullSizeRender
お酒が欲しくなる珍味達
買った後に
あれも美味しそうだったなー
なんてぶつぶつ言っていたら
おまけ、と言って
買ったものとほぼ同量くれました

FullSizeRender
こんな感じのセットも売ってる


わたしのナンバーワンヒットはいちご飴
よくテレビとかでも見るあれ

とにかく苺がジューシーで飴がパリパリで
あと3本はいけた


トマト飴は
いちご飴と比べてしまうと
あー、トマトに飴ついてるね、くらいの感想でした

ごはん食べて帰る頃にはかなり賑わっていたので
車椅子、ベビーカーで行くなら
やはり早い時間がおすすめです

タクシーで行ってタクシーで帰りました



2.こどもと夜遊び


夜、両親が旦那さんを飲みに誘ったので

じゃあこっちはこっちで出かけてこようかな
ということで

こどもを連れて3人でちょっと夜遊びに


田舎暮らしの我々には
普段暗くなってから出歩く
という習慣が無いのです

IMG_5063
いつもは全然いうことを聞かない次男も
なにかを察したのかちゃんと手を繋いで進みます

IMG_5073
歩道が広いので歩きやすいよ

IMG_5320
途中立ち寄ったお茶屋さん
閉店間際だったので貸切状態

IMG_5081
赤い缶が美しい


IMG_5319
閉店間際だったのにお茶をいただきました

いつも飲んでる烏龍茶はなんなんだ
ってくらいおいしい烏龍茶

お買い上げ


さらにテンションが上がって
急須と湯呑みもお買い上げ笑


お店に入るとき少し段差があったのですが
気づいた店員さんが
持ち上げるのを手伝ってくれたよ

この後
細い道を通りつつ
タピオカミルクティーを買って
IMG_5321
通りの途中にこんな感じでお店があるよ

コンビニに寄って
ホテルへ


8時ごろ出発して
約1時間半の冒険でしたが
次男は最後まで抱っこをせがむことなく
歩ききりました

いつもならとっくに寝てる時間なのに
がんばったね

人気の街のひとつ
一本道の両サイドに
小さな雑貨屋さんやご飯屋さんが並んでいます

ちょっと日本の中華街みたいな感じ?

規模としては
寄り道せずに端から端まで歩いたら
10分くらいで終わりそうなほど
こぢんまりしています


FullSizeRender
鼎泰豊本店
店の前が超混雑
11:00ですでに60分待ち
13:00で180分待ちでした
ディズニーランド?


この日わたし達が入ったのはこちら
FullSizeRender
金雞園
父曰く、ここも有名らしい

FullSizeRender

FullSizeRender
入り口からすでに気になるものだらけ
この右のゴマパンみたいなやつは
餡も生地もぱっさぱさだったけど
味はすごく美味しかったよ

IMG_5317
やっぱり小籠包
とその他いろいろ

まちの食堂のようなガヤガヤした活気があり
注文したものも全部美味しかったよ(2回目)

エビ蒸し餃子とワンタン麺が個人的には良かったです
あと小皿で用意されていたセロリの浅漬け


こちらのお店は食事エリアが2階にあり
そこまでは自力で昇る必要があります
車椅子もベビーカーも子どもも
みんなで手分けして頑張って運びました

階段は広めなので
昇ること自体は難しくないかな

FullSizeRender
一階部分はこんな感じ
お兄さんカメラ目線ありがとう

この後横を通り過ぎる時も
みなさんこどもに手を振ったり
ニコニコしながら見送ってくれました

ごちそうさまでした


FullSizeRender
歩いているとちょうど中間地点あたりに
こどもが遊べる遊具も置いてあるような
ちょっとした公園があります
(写真右奥が広場になってる)

ここで
こどもと旦那さんに休憩してもらっている間に
お店を覗くのもいいかもしれません


雑貨屋さんやお茶屋さんなどは
入り口に少し高めの段差があり
さらに店内もかなりせまい場合がほとんどで
車椅子やベビーカーのまま中に入れそうなところは少ないかな


IMG_5316
あとは別のお店で
どうしても食べたかったマンゴーのかき氷を食べたよ

かき氷を普通に食べられるほどに暑かったんだ

かき氷の有名店もあったみたいで
いくつか行列を見かけました

有名店じゃなくても美味しかったよ!(3回目)


ちなみに
ここも車、バイク、
バンバン通るので気をつけよう!

ー油化街ー

乾物問屋が並ぶ古い街並
FullSizeRender
道が狭い!
歩道も車道もとにかく狭い!


Aちゃんイチオシの街ではあったものの
反面道が狭いしガタガタしてるから車椅子では難しいかも、とはじめから言われていました

でもイチオシと言われたら
行ってみたくなるんだもの


ただでさえ狭い通路は商品とバイクでほとんど塞がっている状態


そんな時は開きなおって車道を行きました
堂々と真ん中を歩いたりしなければ
クラクションも鳴らされず
器用に避けてくれます
本当にすごい技術

ここもまたバイクに気をつけて

しかも上の写真、よくみたら侵入禁止の標識立ってないか?

でもそんなの関係ねえ!



FullSizeRender
干し椎茸
FullSizeRender
ドライフルーツ

宝の山か!


母が多めに買って余った
パイナップルとレモンをもらったよ


しかしお店の奥まで入って行くのは
やはり難しく
プラプラ歩いて終了


疲れたのでお茶でも飲みたいなと思っても
カフェ的なお店は二階にあることが多く

そういった意味でも
この街は少しレベル高めかな、と思います

FullSizeRender
路面店のお茶屋さんで
疲れたこどものテンションを上げるべく
見た目だけで買ったドリンク

ヒット!

味はサイダーとかそんな感じだけど
ゼリーとか小さいタピオカとか
いろんな食感が入っていてたのしかったよ

お茶屋さんの要素は多分一番下の茶色い部分

↑このページのトップヘ